コピー機購入の落とし穴、ランニングコスト。最初は安くても月額が…!なんてならないようにトナー代込のカウンター料金方式をご提案。



プリンタ/複合機リース
コピー機の事ならコピコ

コピー機 用語集

 ランニングコストについて

 故障かな?と思う前に

最新情報

コピコは、コピー機のリースをお考えの企業・個人・SOHO様向けのコピー機・複合機リース販売・コピー機情報提供サイトです。

コピー機の 毎月のリース料金を見直したい (リース残が有っても応相談)
コピーやFAX 1枚当りの カウンター料金・トナー料金で経費節減したい
ムダなFAX受信は 紙で出さず に パソコンで確認後、削除し、経費節減したい

→お気軽にまずはお問合せ下さい

コピー機購入後のランニングコストはお考えですか?


コピー機の保守システムは、@キット方式とAカウンター方式があります。
@キット方式
トナーの供給量により5000枚キットまたは、2500枚キットと様々です。 コピーの使用可能枚数は、A4原稿の5%程度が基本です。 実際はコピーされる原稿サイズによっては、5000枚キットでも それ以下の枚数になる事もあります。

Aカウンター方式
基本料金が設定されます。、
毎月のコピー枚数が基本枚数を越えると
1枚×契約単価で計算されます。

※例)1枚当り5円のモノクロコピー機の場合
基本料金 1000枚 5,000円
超過枚数  200枚 1,000円
合計      6,000円

コピー機の毎月のリース料プラス1枚あたりのランニングコストを トータルで見直してみてください。

【チェックポイント】
複写機、複合機の3つのランニングコストをチェック
1)カウンター料金
2)用紙代
3)トナー代
↓実例を見てみましょう

>>ランニングコストダウン!お気軽にお問合せ下さい

コピー機のランニングコストを抑えて経費削減に成功

大阪市中央区  有限会社A

「毎月2,000枚くらいコピーしていました。
今までカウンター料金が9円/枚でトナー代も別途支払いでした。
見直してみたら8円/枚でトナー代込になったのでかなり経費削減になりました。
ほんとうに、見直してみて正解でした」

1)カウンター方式
カウンター料金の平均単価(モノクロコピーの場合)は 5円/枚〜8円/枚です。

例えば1枚あたりのカウンター単価を7円で計算すると、
月間複写枚数が2,000枚の場合、月々14,000円のカウンター料金が
リース料とは別途に必要です。

複合機の場合、コピーを取るのに加えファックスの受信時や
プリンターの出力時もカウンター料金が課金されます。
このカウンター料金の単価はメーカーや機種によって異なります。

例えば1枚あたりのカウンター単価が1円違うだけでも、
月間複写枚数が2,000枚だとすると、月々2,000円もの差額が生じることになります。

当社の場合、カウンター料金は平均単価よりもお安くなって
おります。お気軽にお問い合わせ下さい


当社の場合は、別途キット方式の機種も取り揃えております。
  お気軽にお問合せ下さい


2)用紙代
この部分に関しては自己負担になるところが多いです。
ただ、OA通販等上手に活用できれば、コストダウンにつながります。

3)トナー代
普通、トナー代はトナーがなくなれば購入しないといけませんよね。
当社の場合、カウンター方式でご利用のお客様でモノクロコピー機をお使いの方はカカウンターに含んでおりますので別途トナー代をお支払う必要がありません
カラーのお客様は、トナー代が必要となりますが、その分カウンター料金が市場平均金額よりお安く設定しております。
不動産業者向けホームページ不動くん
CopyRight © 2005 copy-co.jp All rights reserved.